HOME > お風呂

1200年の歴史の奥日光湯元温泉

奥日光高原ホテル 乳白色の露天風呂

乳白色の露天風呂にお越しください

湯元温泉は、今から千二百年前(天応2年)奈良時代の終わりに日光開山の祖として知られる勝道上人が日光の山々で厳しい修行を積んでいた時に発見されたと言われる歴史のある温泉です。
自然環境に恵まれ、保養温泉地として優れているため昭和29年10月11日に我が国最初の「国民保養温泉地」に指定されております。
全国的にいま、湯量の「減少または涸れる」が多く、「加水=水を加えて温度を下げる、加温=循環の時お湯を加える・加熱する」が日常的に行われるとのことですが、私どもの温泉は衛生と温度管理を徹底し「源泉湧出の純度100%の本物の温泉」を毎日供給しております。
どうぞ、全国的に数の少ない「源泉かけ流し乳白色・硫黄温泉」で日頃の疲れを癒しに、ぜひお越し下さい。心よりお待ち申し上げます。

お風呂のご案内

大浴場
都会の喧騒から離れ、大きめの窓から緑が映える大浴場に身を委ねれば、柔らかく肌触りのよい湯があなたを包むことでしょう。
■大浴場 「高原の湯」 男性用45名収容
  「高原の湯」 女性用45名収容
■中浴場 「男 体 湯」 男性用20名収容
  「女 峰 湯」 女性用20名収容
※4か所ともそれぞれ露天風呂がございます。
奥日光高原ホテル 大浴場

奥日光高原ホテル 露天風呂 露天風呂

木立の緑が間近に感じられ、非日常の空間と開放感溢れる露天風呂です。
外の爽やかな空気を味わいながら、ゆっくりと温まりください。

泉質について

源泉名 日光湯元温泉
泉質 ナトリウムー硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物温泉(中性低張性高温泉)
浴用の適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、 疲労回復、健康促進、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、動脈硬化症、高血圧症、糖尿病
一般的禁忌症 急性疾患(特に熱がある場合)、活動性の結核、悪性腫腸、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血症疾患、高度の貧血、 その他一般に疾勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)
入浴時間

原則、「高原の湯」は12:30から翌朝8:00まで、「男体・女峰湯」は16:00から翌朝10:00まで、とさせていただきます。

※ご予約状況等により、営業時間を変更する場合がございますのでお電話等にてご確認をお願いいたします。

備品
■男性脱衣室   ヘアブラシ、髭剃り、ヘアトニック・リキッド、アフターシェーブローション、綿棒、ドライヤー
■女性脱衣室   ヘアブラシ、化粧水、乳液、綿棒、シャワーキャップ、ドライヤー